close

メニューMENU

TOPページに戻る
J.of Science EGGS 東北大学基金へのご協力のお願い 探求型 科学者の卵

活動ブログ

2022. 08. 04 | 受講生ブログ

ひよこへの二歩目

こんにちは。初めまして!福岡高校一年の石輪咲桜です。第二回講義を終えてからの初投稿となりますがよろしくお願いします。

一回目の講義がZOOMで始まるまで、この講座に参加できる実感が湧かなかった約一ヶ月前。開校式、アグロバクテリウムによる遺伝子組み換え植物について学んだ第一回講義。そして、7月30日に行われた第二回講義。今回はその第二回講義の感想を簡単にお伝えしたいと思います。

まず渡辺先生の講義。私は今回初めて自家不和合性という仕組みを聞きました。これは自家花粉か他家花粉かを識別する機能だそうです。レポートで自家和合成、不和合成それぞれの有利な点不利な点を考えました。そこで「どちらの方がより優れた性質か」と言い切るのは難しい問題だと感じました。ブレイクアウトルームでメンターさんが「花粉管を着色したものがとても綺麗だ」とおっしゃっていたので実物を見てみたいと思いました。みなさんも機会があれば見てみてください。

次に金田先生の講義。この予習動画を見た時、正直私はほとんど理解できませんでした。わからない単語を片っ端から調べて、何度も予習動画を再生して、やっと少し理解することができました。恥ずかしながら今もまだ、図書館で本を借り、インターネットなどで調べながら理解を深めている途中です。今後の物理の講義はより多くの内容を理解できるように学んでいきたいと思います。

最後に羅漢先生によるミニ講義。この講義では、英語学習に対するさまざまな考え方を学ぶことができました。質問の時間には、流暢な英語や中国語で話している受講生の方もいていい刺激をもらうことができました。アクセントをネイティブに近づける努力をすること、会話の中で語文がどのように使われているのか理解していくことが大切がとわかりました。

科学においても、英語学習においても、その他の活動においても「自分に時間をかけることを惜しまない」で日々努力し成長していきたいと思います。最後まで読んで頂きありがとうございました。

投稿者 : 岩手県立福岡高等学校

トップへ