close

メニューMENU

TOPページに戻る
J.of Science EGGS 東北大学基金へのご協力のお願い 探求型 科学者の卵

活動ブログ

2024. 02. 03 | まちかどサイエンス

電子顕微鏡について

仙台市立愛子小学校6年生の幸福那生です。今日(2月3日)は、東北大学のサイエンスキャンパスで、電子顕微鏡で試料を観察しました。

電子顕微鏡のすごいところは倍率で、ルーペ(虫メガネ)は2~5倍、レンズで見る顕微鏡は40~600倍の中で、電子顕微鏡は最大100000倍まで見ることができます。その秘訣は、普通の顕微鏡は光で見ているのに比べて、電子顕微鏡は真空にさせたうえで電子で見ていることです。僕は枝サンゴを送って側面と断面を観察しました。ほかの参加者の方もとても興味深い試料を選んでいてそれを見ることができたので、とても勉強になりました。

投稿者 : 仙台市立愛子小学校

トップへ